放せば勝手に翔んでいく

o0222039513714984847

僕らが足を手放せば、
彼は勝手に翔んでいく

彼は自由に飛び上がるから
彼は高くに舞い上がるから

僕らの手を離れれば
彼は自由に羽ばたいていく

彼の心の向くがまま
遠くへ遠くへ翔びゆくだろう

彼を止めているのは僕だから
他には何も邪魔などないから

彼の命の羽ばたきを 
彼の命のかがやきを 
誰にも消せはしないから

僕らの目から離れる頃には
彼の世界は大きくなって
僕らを照らすしるべとなろう

だから僕らはいま手を放し
彼を空の自由へと解き放ち
彼の羽ばたく方へと委ねよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問い合わせください。

質問・疑問はコチラから!!