観照者の視点:自分の本音に気づくコツ

 

横浜ヒーリングステーション の 佳奈 です。

 

  

きのうは『観照の世界』の講座でした☆

 

観照の世界

 

他の人の波動を自分の身体に写して

その人の身体の状態を観察したり、

どれが自分に合った選択かを波動で選ぶ

 

というようなことが出来るようになる講座です。

 

 

が、

 

『観照の世界』でお伝えしたいのは

いま挙げたようなノウハウ自体ではありません!

 

 

それらは日常生活の中で

“ただ観る”という視点を磨くための

体験を通した練習なのです。

 

この『観照者の視点』を磨くことで

隠れて見えない自分の本音や観念に

気づけるようになっていきます。

 

例えば

 

何かを“やる”と思ったのに、

なかなか“やれない”

 

 

本当はやりたいことではないのに、

「やった方がいいだろう」と、

【頭だけ】で考えてしまっていたり、

 

「やらない方がメリットがある」

【勘違いの観念】を握っていたり、

 

などなど

 

自分の『思考』『本音』

自分では気づけないところで

チグハグだったりします。

 

人は葛藤している時が苦しい。

 

 

頭だけで考えていて、

自分の本音に気づけない状態が

自分らしさから遠く1番苦しい状態

 

自分の本音に気づくことができれば

その本音に沿った選択をするだけ。

 

そのために 

 

ジャッジするのではなく、

“ただ観る”観照者の視点から

本音の自分に気づいてあげましょう。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の一言

観照者の視点を磨き、自分に気づきましょう☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お気軽にお問い合わせください。

質問・疑問はコチラから!!