パッション・ミッションの次に来る胡散臭さ

 

毎度お世話になります

間奈夫(まなお)でございます。

 

一昔前は口ばっかりで手を動かさず

更かしながら調子に乗ってましたが

最近は静かに淡々と仕事をしていますw

 

淡々と目の前のことをやる。

 

ただ目の前に起きることを許す。

 

 

これに尽きるんだなぁ、と

 

ふと思う次第であります。

 

 

そうすると

 

でも

 

情熱的に生きるって

 

なんだか熱く生きるみたいな、

 

使命に生きるって

 

なんだか大きな事のためにみたいな

 

 

そういう世の中的に受けそうな言葉って

 

やっぱり何かズレてて違うんだなぁー、

 

と、つくづくしみじみ感じます。

 

 

“いま”という時にいるのなら

 

 

こうして

コーヒーを飲みながら

淡々とメッセージを書く。

 

これがいまのまなおにとって

最も情熱的で使命に駆られた状態

 

 

おそらく一般的な情熱的って、

 

無理に勢いやテンションをあげたり、

周りへのアピール・パフォーマンスで

自分の中の恐れや焦燥感のゴマカシ

 

たぶん『情熱』を

「熱情」とか「激情」と

履き違えているのだと思います。

 

 

真に『情熱』的に生きるなら

内側から湧いたものに傾けたり注いだり

目の前のやりたいことを”ただやる”だけ

 

 

なので、『情熱』は

うるさくないしやかましくない

本質的には『静かなもの』

 

 

 

おそらく一般的な使命感って、

 

なにかの世のため人のためって、

外側に働きかけていることにして

自分の目を閉ざそうとしているマボロシ

 

『命を使って生きる』っていう言葉を

体よく悪用されてしまっている。

 

 

世界から戦争をなくすために

世界から病気をなくすために

この国を変えるために

 

 

それらは目の前のことを淡々とやった結果

最終的に起こることに過ぎません。

 

 

人に言いふらす

パフォーマンス用のものは

『使命』でもなんでもない。

 

 

人は『生きている』ことが

最も命を使う最大の使命

 

 

なので、『使命』は

大げさじゃなく飾りもなく

本質的に今ここにあるもの

 

 

なので世の中的に

 

パッション・ミッション

 

 

と来たら

 

 

Pay attention

(要注意☆彡)

 

 

 

なぜならば

 

 

パッション・ミッション

 

=イミテーション

(まがいもの)

 

 

のことがほとんどだから

 

 

でもまさに

 

イミテーションゴールド

 

偽物ほどキレイに輝いて見えるもの

 

気をつけたいものです。

 

 

偽りの『使命』『情熱』

生きることを乗っ取らせないで

 

誇張するでもなく見せびらかすでもなく

吹いて回るでもなく欲しがるでもなく

 

静かに内側と対話しながら

目の前の出来事を粛々と許す

 

『生きることそのもの』を

ただ味わいたいものです。

 

Passion Misson Pay attention

 

and

 

Passion Misson Imitation

 

thank you♡

 

お気軽にお問い合わせください。

質問・疑問はコチラから!!